Q1. なぜ、弁護士になろうと思われたのですか?

A1.私が中学生時代に親類が弁護士に依頼することがあり、
 問題解決がなされるまで非常お金がかかるとの印象があって、
お金がない人の場合には、そのことが真実だとしても泣き寝入りするしかなかった。
「弁護士イコールお金がかかる」といった印象が強く、お金がない人に
寄り添える弁護士になりたいといったことがその動機です。

Q2. 千代田法律会計事務所の特色を教えてください。

A2.一言で表現するならば、 「庶民派の弁護士事務所」
  労働問題にあっても多くの弁護士が資金の潤沢な企業側、立場の強い側に
立つことがあるなかで、当事務所は労働者側の立場に立ち、
依頼者側に寄り添い、共に考え、共にその悩みを解決していきます。
また、依頼者側の状況を鑑みて費用も分割払いを採用しています。

Q3. 最近、依頼案件で印象に残ること

A3.真実を直視せず机上での理不尽な判決をなす、
   官僚的で上しか見ていないヒラメ裁判官に失望したこと。

そのことは下記の書籍にもございます。

元最高裁、裁判官の告発

6696.jpg8888.jpg
左:絶望裁判(著者:瀬木比 呂志)  右:日本の裁判(著者:瀬木比 呂志) 

Q4. やりがいはどのような時に感じますか。
A4.裁判官が真実を見抜いてくれたとき。

Q5. 最後にこのホームページを見て
相談を考えている方に対してメッセージはありますか。
A5.依頼者の立場や状況を鑑み、とれだけ親身になってくれるかが、
その弁護士を選ぶポイントだと思います。

DSC00026.JPG




CIMG8258.JPG
左:ご子息で司法書士をされている上條義宏先生、右:上條義昭弁護士
「上條義昭セミナー」会場にて